管理人より【離婚時に住宅ローンが残っている】

MENU

はじめまして

運営者
サイトへご訪問ありがとうございます。

 

当サイトの管理人M・Hと申します。

 

私は約20年ほど前に離婚をしましたが幸い住宅はまだ持っていなかったのでこのような離婚と住宅ローンの問題に悩まされるということはありませんでした。
(もちろん離婚はとても大変でしたが)

 

その後私の妹がやはり離婚をすることになり、その時に調べてことがもとになっています。

 

とにかく離婚をしたいというのが先だったらしく住宅の問題は全部そのままにしてきてしまい、後からいろいろをもめることになりました。

 

困ったのは連帯保証の問題でした。

 

サイトにも書きましたが(連帯債務と連帯保証)、妹は正社員でそれなりの収入もあったため住宅ローンを組む際には、元夫が主債務者で妹が連帯保証人になり、ローン限度額いっぱいまで借り入れをしていました。
家を建ててから離婚までは7年。

 

 

事前にその家を売るとか売らないとかの話し合いはせずに逃げてきたような離婚でした。

 

もちろん離婚時はアンダーローンの状態です。
そのままでは売れません。

 

あとから自分が連帯保証人になっていたのを思い出し、この保証人を外してもらうのにかなりの面倒がありました。

 

円満な離婚ならよかったのですが、かなりもめて、少し怖い思いをしていたようなので、できることなら2度と会いたくない・・・そんな状況だったんですよね。

 

それで仕方なく離婚後数年してからですが、改めて弁護士に代わりに交渉をしてもらいました。

 

ただし、ローンに関しては弁護士さんの範疇ではないので、弁護士さんに元夫に連絡をとってもらい、保証人を誰か他に立ててもらうようにお願いしたのです。

 

元夫はギリギリの中で住宅ローンは払っていたようです。

 

なのでいきなり住宅ローンの話をされてかなり不機嫌になっていたとか・・・。

 

こうなると、わざとそのままにするなどの手も使われてしまうかもしれないのですが、
「連帯保証人を抜けて不動産の名義も変更しないと将来売ることもできませんよ」と
説得してもらったようでした。

 

結果として元夫は両親を保証人にたてることでなんとか手続きは完了しました。

 

こういうことも全部離婚時にやっておけば良かったんですよね。

 

後からですと、お互いにとにかく面倒なことはしたくない、というのが先になります。
また新しい家庭を作っている場合にはなおさらです。

 

 

このサイトで私が書いてきてような知識をはじめから持っていてばあんなことにはならなかったのに・・・と思います。

 

プライベートなことなので詳しくは書きませんが、離婚のあとのいざこざの方が大きかったような気がします。

 

 

そういうわけでその時に調べた様々な事や、その後もいろいろと知識を足した分も含め、このサイトでは記事にしています。

 

私が女性であるために少し妻側の味方のような書き方になってしまっているところが多いのですが、夫側の不利益になるかもしれない部分についても解説したつもりです。

 

詳しいことは専門家の方に聞いた方がいいとは思いますが、まずは概要を当サイトで知っていただけると失敗が少なくなるのではないかと思います。

 

それではどうそよろしくお願いします。

 

当サイトに関するお問い合わせはこちらまで。

 

 

 

連絡先